ウェストねじりのマッサージで便秘対策

トイレに行った日から数えて、4日目が経過する頃にはかなりピンチな状態なので、強制的に出す事を考慮します。便秘薬を利用するといつも薬に頼ってしまうので、自力で出す便秘解消法に悩む事になります。

私の場合は、4日目を目処にウエストねじりの体操を集中的に行います。これは、座禅をするような座った姿勢で足を組み、ゆっくりと上半身をひねっていくウエストねじり体操をします。

立ったままでもウエストねじりのエクササイズは可能ですが、下半身を固定した方がひねりの効果は強く感じられます。

そして、その後に「のの字マッサージ」となります。これは、大腸がへその周りを取り囲んでいるような位置にある事を想定して、自分の手で排泄物を押し出していくようにイメージしながらマッサージしていきます。

ウェストねじりと、のの字マッサージのセットを2分間継続します。これの3セットをすることで、お腹周りの柔軟性が高まるように感じられます。その日はトイレには行けないのですが、翌朝にトイレに行きたくなる頻度が高まります。

このウェストねじりのマッサージは毎日継続すれば便秘解消できるかと思いきや、なかなか毎日すると慣れてしまい、その効果が発揮されないように感じられます。そのため、私の場合は3日間出ない状況が続いたときに、マッサージをするようにしています。

ヨーグルトやバナナ、コーヒーや豆乳など、便秘を解消できるような食品は一時的な効果だけで終わってしまうので、確実に変化が出る3日目のウェストねじりのマッサージがおすすめです。

大変だった引越し

わたしは今まで、何回も引越ししています。 父が転勤族だったこともあり、小さな頃から、北は北海道から南は大分県まで、 ほぼ、日本縦断しました。 一人暮らしをはじめても、転職だとかマンションの老朽化で、何度も引越しをしました。 その中で、一生忘れられない思い出があります。

それは1階に部屋があるアパートから、 エレベーターのあるマンションの4階の部屋に引越ししたときのことです。 マンションには、もちろんエレベーターがあります。 もちろん、引越しの業者さんも、その上で人を派遣して荷物をまとめていました。

ところが!なんと、引越しした当日は、マンションの緊急点検だったのです。 引越し業者の方々は、半分キレ気味で対応していました。 しかし、時間があまりにもかかったので、全部荷物を搬入できず、 半分ぐらいは1階のロビーに置くことになりました。 もちろん、その荷物は自分で階段を歩いて運びました。 夏のとても暑い夕方のことでした。

トラックのレンタルは助かっています

仕事でトラックを使います。 通常は会社のトラックの台数で事足りますが、繁忙期は、レンタカーに頼ります。 2トンのアルミをレンタルします。納品作業ですので、ゲート付きをレンタルします。 電話注文しますと、在庫がある場合は、即会社まで持って来ていただけます。 朝一番から使いたい場合は、前日に納車してくださいます。 署名して鍵を受け取るだけで、レンタルスタートです。

中はきれいになっており、気持ちが良いですが、時々、煙草臭いです。 会社のETCカードは、トラックのナンバーが決まっていますので、レンタカーで高速道路に乗るときは、現金で支払います。 トラックを使い終わり、電話しますと、またすぐに取りに来ていただけます。 会社で定期的に利用しているからか、インターネットサイトに掲載されている基本料金よりも、ずっと安いです。 ぶつけてしまったことがありました。保険があるので、そのまま返して終わりです。 トラックのレンタルは、大変助かっています。

ただ、県内で大きなイベントがあるときや、春の引っ越しシーズンなどのときには、トラックの在庫がないと言われてしまいます。 ゲート付きは無いと言われることも多いです。 アルミが無いと言われることもあります。 ショートが良いときにショートがなかったり、ロングが良いときにロングがなかったりします。 他からまわすと言われますが、結構時間がかかってしまいますので、すぐ対応していただけるものを希望します。 トラックのレンタルは、本当に助かっています。

府中市内での引っ越しについて

府中市内で引っ越しをした時の事を書きます。府中市は面積も広く、各地域の環境も様々です。是政のマンション群など多摩川沿いの住宅地もあれば、浅間山そばなど山沿いの宅地もあります。甲州街道、旧甲州街道などの幹線道路のみを通る引っ越しであれば、あまり問題は無いのだと思いますが・・・。
例えば、引っ越し先が多摩川そばである場合は、たいてい「上から下」へと坂道を下る事になります。一時はこういう方向のルートは道が限られていて、さらに川沿いの工場へ向かうトラックが多く走っていて、引っ越し用の2トン車がゆっくり走るのは大変でした。

最近、府中市内に何本か新しい道路が通りましたので、一頃よりは引っ越しも楽になっていると思いますが、家財を満載したトラックが走りにくい状態である点は変わっていないと思います。
さて、幹線道路を通って、引っ越し先の近所までは容易に荷物を運ぶ事ができますが、その先が大変です。府中市は、昔から大国魂神社の門前町として栄えていましたから、古くから人が住んでいた町が多くあります。

どこも細い道が曲がりくねって入り組んでいて、なかなかトラックでは入っていけません。また、一方通行もかなり多く、遠回りしなければならない所もあります。

結局、引っ越し先の建物のそばにトラックは停められず、駐車可能な場所から、荷物を人手で運び入れる事になりました。一方通行の事などは、事前に調べる事ができたはずですので、これはちょっと後悔しました。

しかし、一般的に、府中市の住宅街では、交通量は多くありません。駐車中のトラックの移動を求められる事は、結局は一度も無かった為、引っ越し全体としてはスムーズに終える事ができました。